山形県鶴岡市 耳鼻咽喉科・小児科 医療法人いとうクリニック

ホーム > 診療・設備案内 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科 診療・設備

内視鏡

内視鏡

先端の鼻咽腔ファイバーというもので、鼻、耳、喉などをのぞく装置です。 先が自由に曲がりますので、陰になって見えにくい病気も発見し易くなっております。 胃カメラと同じ原理ですが、細くこぶりにできていますので、比較的苦痛が少なく診療を受けていただくことができるかと思います。

また、ファイバーで撮影された映像がモニターに映し出されますので、患者様にもご確認いただけるようになっております。

聴力検査室

聴力検査室

完全に遮音された状態で検査することにより、より正確な結果を得られ、その上で適切な診療ができるように致します。

 

レントゲン

レントゲン

内視鏡でも確認することのできない部位については、レントゲンで撮影し確認いたします。

ネブライザー

ネブライザー

“鼻“と“のど”の炎症を和らげる薬を吸入する為の装置です。

   

ページの先頭へ▲