山形県鶴岡市 耳鼻咽喉科・小児科 医療法人いとうクリニック

ホーム > よくある質問

予防接種

予防接種について

ワクチンで防げる子どもの病気は15種類以上あります。そのうち1歳前の赤ちゃんが受けるワクチンは、ロタウイルスワクチンなどを含めると6種類、15回以上になります。

また、生ワクチン接種後は4週間以上空けなければなりません。このためにも生後2か月の誕生日を過ぎたらできるだけ早めに小児科医を訪ねて、ワクチン接種のスケジュールをたて、必要な免疫(抵抗力)を早くつけるようにしましょう。

当院では、日本小児科学会の予防接種スケジュール「VPDを知って、子どもを守ろう」の予防接種スケジュール国立感染症研究所の予防接種スケジュールに基づいてご家族のご意向をお聞きしながら、スケジュールを考えます。

当院では、月、火、水、金曜日の午前11:00、11:30、午後3:00、3:30を予防接種専門の時間帯としています。他の時間帯での接種希望者には待合室を別にして行っております。
ワクチンを準備しておく都合上、予約をお願いしています(電話番号:0235−22−3200)。

水痘(みずぼうそう)ワクチンについて

平成26年10月から水痘ワクチンが定期接種になりました。
接種対象は生後12か月から36か月までの子どもさんです。
接種方法は3か月以上の間隔で2回接種します。
すでに水痘にかかった場合は接種の必要はありません。
詳しくは電話でお尋ねください。

ワクチン 種類 標準的な接種期間 備 考
ヒブワクチン 不活化 2ヶ月〜5歳未満  
肺炎球菌 不活化 2ヶ月〜9歳未満  
B型肝炎 不活化 2ヶ月〜1歳 3回接種
ロタリックス 6週〜24週 2回接種
ロタテック 6週〜32週 3回接種
四種混合 不活化 3ヶ月〜7歳半未満 3〜8週間隔で3回接種
3回目より6ヶ月以上おいて4回目追加
BCG 3ヶ月〜6ヶ月未満  
不活化ポリオ 不活化 3ヶ月〜7歳半未満 3〜8週間隔で3回接種
3回目より1年〜1年半おいて1回追加
麻疹風疹混合
(MR)
・1歳〜2歳
・小学校就学1年前
・中学1年生
・高校3年生
左記の時期に1回ずつ、計2回接種
(中学1年生、高校3年生は平成24年度まで) 1歳過ぎたら早めにMRワクチンを
二種混合
(DT)
不活化 11歳〜13歳未満 普通は小学校6年生で接種
日本脳炎 不活化 ・3歳〜7歳半
・9歳〜13歳未満
1〜4週間隔で2回接種、1年後に3回目接種、4回目は通常小学4年生
水痘(水ぼうそう) 1歳〜 6ヵ月空けて2回接種
ムンプス(おたふく) 1歳〜 できれば2回接種
ヒトパピローマ
(HPV)
不活化 中学1年生〜 筋肉内注射 2価(サーバリックス)
4価(ガーダシル)でスケジュールが異なる
インフルエンザ 不活化 6ヶ月〜 13歳未満 2回接種
13歳以上 1回接種

ページの先頭へ▲

スギ花粉症について

舌下免疫療法という治療法をご存知でしょうか。
平成26年から、スギ花粉症に対し舌下免疫療法が認められました。

舌下免疫療法とは?

【舌下免疫療法】お薬を舌の下に滴下します。

アレルギーの原因となるアレルゲン(スギ花粉症の場合はスギ花粉)を舌の下に少量から投与し、体をアレルゲンに慣らすことでアレルギー症状を和らげる治療法です。

治療の開始はスギ花粉が飛んでいない時期からとなります。
※スギ花粉が飛んでいる時期に、新たに治療を開始する事は出来ません。

治療には長い期間(数年)がかかります。

ご希望の方、お話だけでも聞きたい方は診療の際にお話下さい。

ページの先頭へ▲